スポンサーリンク
子育て

念願の大きなプール。

「つむ、大きなプール行ってみたい!」

テレビに映されたまだ見た事のない大きなプールに、つむぎは目を輝かせていた。

この時はまだ梅雨真っ只中。

「それじゃあ雨が止んで、外があっちっちになったらプール行ってみようか?」

「うん!」

この約束が、つむぎに梅雨明けをとてつもなく待ち遠しくさせた。

「今日雨降ってる??」

「今日も雨やね〜。」

「そっか。」

この会話を繰り返すこと数日、遂に梅雨が明けた。

「やったー!外があっちっちになったー!」

飛び跳ねて喜ぶムスメ。

だがまだ平日、保育園へ行くまでの自転車で、

「よし、お休みの日になったらプール行こう。」

「うん!」

そしていよいよ来た、念願の晴れた週末。

先日の土曜日は、ムスメたちにはまだよく分からない法事に連れ回した分、

『明日は思いっきり遊ぼう!』

寝る前にそう約束し、迎えた日曜日。

気温は34度まで上がった炎天下。

ひかりを外遊びさせるのは危険な為、

ツマとひかりは別行動で、ワタシとつむぎは近くの市民プールへ。

目の前にある、テレビでしか見た事のなかった大きなプールに、

喜びが溢れていた。

足が付かない深いプールや、ちょうどいい深さのプール、ゴロンと寝転がれる程の浅いプールまで、

言葉を交わす必要のないくらい楽しんでいた。

途中、浮き輪を購入し、これまた初めて見る浮き輪に笑顔をこぼしながら、

帰る時間になるまでプカプカと浮かんでいた。

水を怖がるかと思ったが、思い切り顔に水がかかってもキャッキャと喜ぶ姿に、

浮き輪につかまりプカプカ浮かぶつむぎを、後ろから追いかけながらすごく成長を感じた。

少しずつ、親とばかり遊んでる時期が終わっていくような、そんな切なさもあった。

その反面、「それなら一緒に過ごせる毎日をとことん楽しませてやろう!」

そう意気込んでツマとの待ち合わせの時間まで遊び尽くした。

プールから上がり、

「楽しかったね!また行こうね!」と、盛り上がるつむぎとワタシ。

こういう雰囲気の時は、ほぼほぼ思った事が通用する事を感づいているつむぎは、

プールに行く前、マクドナルドで一緒にシェイクも飲んでいたから、ここは断る。

露骨にふてくされるつむぎ。

目標に対する子どもの粘り強さを改めて実感。

あの手この手でその場を動かない様子に、

ワタシは降参。

休みの日くらいはいいとしよう。

強い日差しの中、初めての大きなプールに疲れたようで、

今日は早めに寝てしまった。

以前から、つむぎと思い切り外で遊ぶ時はワタシの出番だった。

状況を把握し、周りに気を使う一面を持つつむぎは、

ひかりが生まれてからはワガママをいう事はほとんどない。

遊びの途中でも、「ひかりが…」と言えば渋々だけど諦めて帰る。

そんな中、今日は久々にパパを独り占めで思う存分遊べた。

帰る途中も、「抱っこ、抱っこ。」と甘えてくる姿に胸がいっぱいになった。

帰宅し、つむぎとひかりを順番にお風呂に入れた。

ひかりに、「今日はママと一緒に遊んできたと?楽しかった?」と言うワタシの顔をじっと見ながら、

ニコニコ笑う様子に、

〈パパって楽しい!〉

心の底からそう思えた。

親より友達と遊ぶ方が楽しくなる時は、後もう数年でやってくるだろう。

その時が来るまで、ワタシは許す限りの時間を家族で過ごしたい。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。