スポンサーリンク
子育て

離乳食の、喜怒哀楽。

ここ最近、ひかりが米を見る時の熱い眼差しが凄い。

ワタシたちが、「いただきます」と言おうものなら、必死に這って近づいてきては膝の上に座り、ジッと米を見つめる。

以前、6ヶ月の頃に一度離乳食を食べさせたが、すぐに吐いてしまう事が多く、「まだ離乳食はこの子のタイミングではないのかも」とういう判断でそれ以降は、再び母乳のみでスクスクと育ってきた。

幼児教育の先生にも相談すると、『離乳食は1歳からでもいい』と言われた事もあり「次、離乳食を食べさせる時は、ひかりが欲しがるタイミングにしよう」と、今日まで中断していたが、いよいよそのタイミングが来たようだ。

約2ヶ月ぶりの離乳食。

ひかりにしか分からない感情なんだろう。

離乳食を食べるだけで、『喜怒哀楽』さまざまな表情を見せてくれた。

いつも物静かなひかりが驚くほどの表情を見せてくれた。

「その顔はどういう感情!?」

ツマは離乳食を食べさせながら、ワタシはカメラを構えながら、そう言って大笑いをした。

普段から元気いっぱいのつむぎがするなら分かるけど、”今のところ”おとなしい性格だと思っているひかりがするから余計面白かった。

しかも、そろそろ歯が生えてくるのか、歯茎をかゆそうに下唇を出すあたりも愛らしい。

それにしてももう歯が生えてくるのか。

早いな。嬉しいけど、寂しいような。

子育てはきっとこれの繰り返し。

歯茎がかゆくてモゾモゾするなんて、そんな今しか見れない表情たちをたくさん目に焼きつけとかねば。

つむぎは今週土曜日の運動会に向けて、今日も朝から全体練習。

前の練習では、かけっこでスタートして張り切って走り出したのはいいが、ゴールが分からなくなるという面白エピソードを持って帰って来たので、当日までいろんな意味で期待している。

今日は入場行進の時、一生懸命に歩いているけれど、「右手右足が同じタイミングで出ていてとても可愛かったです」と先生に言われたらしい。

見たい。

一生懸命に可愛い姿を、この目で見たい。

ムスメよ、期待してるぞ。

今から当日が楽しみだ。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。