スポンサーリンク
子育て

「ありがとう」0歳だった愛しのムスメ。

明日で0歳のひかりは最後の日。

つむぎ1人を育てていた頃とは、時間の進むスピードがまるで違った1年だった。

「あれ?授乳後ゲップ出すためにトントン背中叩いてたっけ?」

「あれ?いつ首すわったっけ?」

「寝返りいつしたっけ?」

「1人で座れるようになったのは?」

もちろんその時その時で一喜一憂したのは間違いないのだが、あっという間に時間が過ぎ、それとともにあっという間にすくすくと成長してくれた。

ツマもワタシも楽しみながら精一杯2人分の成長を追いかけ回った。

『今日のムスメ』の成長を見落とさないようにと向き合い、

毎日毎日、2度と戻る事の無い『今日のムスメ』に「ありがとう」を繰り返してきた。

スポンサーリンク

ツマはひかりを出産後、「この子は守ってあげなくちゃ」という印象を受けたらしい。

その印象が当たったのか、生後8日目に高熱で緊急入院。

その後も大事に至る事はなかったが、度々病院のお世話に。

特に手もかからず、性格もおとなしい。

「この子は守ってあげなくちゃ」

ワタシもツマが言っていた、この言葉の意味が分かってきた。

 

離乳食が始まるまでは。

離乳食が始まってからは一変。

「あのか弱いひかりはどこに行った?」と思う程、元気いっぱい!

産まれてすぐに心配事もあった分、元気いっぱいのひかりを見ると、いつも胸がいっぱいになる。

ひかりが産まれてきてくれたおかげで、この1年もたくさんの事を経験し、たくさんの事を学ばせてもらった。

そして、「親」としても成長させてもらった。

一緒に生活するようになり、ひかりの笑顔に何度も何度もつられて笑った事がある。

名前の通り、我が家をその笑顔で明るくしてくれた。

ひかりがママとパパとつむぎの所を選んで来てくれて、本当に良かった。

またこれからの成長を楽しみにしてるね。

ありがとう、0歳だったひかり。

追伸

つむぎの時は「この子は1人でもちゃんとやっていける」という印象らしく、その印象通りにたくましく育っている。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。