スポンサーリンク
子育て

3歳児、褒められて。怒られて。

今朝ツマに用事があり、つむぎとひかりとワタシが家で留守番中。

うつ伏せになって黙っていたひかりが、「ぷっ」とおならをした。

「あー!ひかりがおならしたー!」

喜ぶつむぎ。

「つむ、おしりをにおってごらん。」

ワタシにそう言われ、ひかりのおしりに顔を近づけるつむぎ。

「くちぇー!くちぇー!」

はしゃぐつむぎ。

「ははははっ!」

笑うワタシ。

「………。」

無表情のひかり。

(ごめん、ひかり)

一応、うんちをしていなかを確認したが、

小さなおしりが「コンニチワ」しただけで異常なし。

そこからしばらく別の作業をしていると、

「パパー、ひかりがうんちだってよ。」と、つむぎが言ってきた。

泣いてるわけでもないし、さっきも確認したから、してないとは思ったけど、

「一応一緒に見てみる?」

そう言って見てみると、お見事、うんちをしていた。

「おー!すごい!よく分かったね!」

驚いた。

「何で分かったの?」

つむぎに尋ねると、

「ひかり。ひかりが。」

そう答えるから、

「ひかりが言ったの?」

と再び尋ねると、

「うん。ひかりが言った。」

その言葉にすごく感心し、

「この2人にだけ分かるやり取りがあって、そこで分かり合ってるんだ」と、羨ましくも思えた。

大人とも赤ちゃんとも、コミュニケーションが取れる3歳児。

そんな3歳児、朝は褒められたが、夜は怒られた。

車で帰宅中、「トイレー!コンビニ行くー!」と叫んだので、

最寄りのコンビニに立ち寄り、急いでトイレを借りると、

「トイレ汚い!いや!」そう言って聞かない。

本当に汚い場合、嫌になる事は大人にだってあるが、

どう見たってピカピカにキレイなトイレ。

自分たちで処理出来る範囲の「あれはやりたいけど、これはイヤ」は、出来る限り見守るつもりだが、

今回は借りたスペースで、更に他にもお客がいた事もあり、

「そっか、分かった」で済ませる訳にはいかず一喝。

「ここでしないならもう家まで我慢しなさい」そう言ってトイレから連れ出し車に乗せ出発した。

「え、ちょっと待って。そういうつもりじゃないんですけど。」戸惑いの表情でこっちを見ている。

ワタシは無言で様子を伺った。

つむぎは、本当に汚いトイレを嫌がる事は確かにあるけど、今回はピカピカ。

それに「トイレー!」と叫んだ時は毎回確実に出る。

そうなると、コンビニに行ったのには他に目的があった。

「パパにコンビニで何か買ってもらいたかったの?」

つむぎの考えを察したツマがそう尋ねると、つむぎは静かに頷いた。

「何か買ってもらいたかったから、トイレって言ってコンビニに行ったの?」

続けるツマに、つむぎはまた静かに頷いた。

そこでワタシも口を開き、

「何か買って欲しいなら、素直にそう言いなさい。」

つむぎは我慢していた涙をポロポロ流して、「はい。」と返事をした。

その後、涙を流しながら「何か買って」と言ったつむぎを、次のお店へ連れて行くまでの道中、

〈今までは思ったまま行動していたこの子に、遂にこんな知恵が付き出したか〉

その成長の早さが嬉しくも、少し寂しくもあった。

こっちもすぐに気持ちを切り替える分、つむぎも立ち直りが早い。

目的地へ着くと、すぐにお菓子コーナーで必死に物色。

この後「やっぱりトイレ」と、どう見てもさっきのトイレの方がキレイだったが、

気分ルンルンでトイレを済ませていた。

心と体が成長していけば、そりゃいろいろあるよな。

フレー、フレー、3歳児!

フレー、フレー、つむぎ!

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。