スポンサーリンク
子育て

乙女心が分からない。

昨夜はつむぎの希望通りパソコンの前から離れて布団へ横になり、寝るまでの時間を一緒に過ごした。

ひかりは先に眠っていたから、久しぶりにママとパパを独り占めで嬉しそう。

それでも眠っているひかりを見ながら、

「つむ、ひかりの事が大好き」

そう言って笑顔を見せる姿に、強い姉妹愛を感じた。

電気を消して、どっちが先に眠ってしまったかも分からないまでおしゃべりをし、気が付くと夢の中へ。

スポンサーリンク

 

今朝はまだぐっすりと眠るムスメたちの寝顔を見て、「可愛いね」とツマと話しながら朝の準備。

ツマを先に仕事に見送り、その後にお腹を空かせて起きてきたひかりに朝ごはんを。

昨夜がずいぶんと楽しくて心地のいい眠りについているせいか、つむぎがなかなか起きてこない。

ワタシは寝室へ向かい、つむぎがまだ『甘えモード』かもしれないから、いつもよりも優しい声で起こす事にした。

「つむちゃん、そろそろ起きる時間になったよ♪」

起きようとしないつむぎの頭を優しく撫でながらもう一度。

「つむちゃ…」

「パパきらい」

「えっ?」

自分でも驚くくらい、キレイな「えっ?」が出た。

耳を疑う必要もない、ハッキリと聞こえた「パパきらい」

とりあえず、一度聞いてない事にして着替えさせようとすると、今度は見る見る涙目に。

〈え、どういう事?泣くなよ、泣くなよ〜〉

ワタシの心の声は虚しく、理由も分からないままつむぎは大泣き。

何を言っても涙の理由を話してくれない。

「優しく声をかけるべきか?」

「ビシッと怒るべきか?」

「話しはいいからギュッと抱きしめるべきか?」

「それとも、そっとしておくべきか?」

情けないほどに、対処の仕方が分からなかった。

パパとしてまだまだだな。と、困りながら1時間程泣き続けるつむぎの相手をした。

もう、ほぼお手上げ状態のところで、ようやくつむぎは口を開いた。

「ご飯食べるー!」

どの感情でその言葉を言っているのか全く分からなかったけど、食べると言うからご飯の準備をすると、次は見る見る元気に。

ご飯を頬張りながら陽気に歌いだす始末。

「つむぎは保育園に行くのが嫌で泣いたと?」

ようやく話しが出来そうだったから聞いてみた。

「違うよ!」

そう元気に答えたから、保育園には遅刻の連絡を入れた。

その後はいつもと変わらない、元気で明るい笑顔のつむぎ。

あの大泣きは一体何だったんだ。

ワタシの起こし方が悪かったのか。

それとも、ちょっとセンチメンタルな朝だったのか。

いずれにしても昨晩との差がすご過ぎて、パパもちょっぴり泣きそうよ。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

minne -パパライフギャラリー-

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。