スポンサーリンク
子育て

考える力の『根』。

つむぎがきよいちを踏みつけてしまい、ツマとワタシから叱られた。

ツマとワタシが叱ったのは、ただ単にきよいちを踏みつけたことに対してではない。

『考えることをしなかった』

ここの問題に対して。

きよいちは大泣きしたがケガはなかった。

『きよいちが寝ている周りを走り回ってはいけない』

前々から何度もつむぎにそう伝えてきた。

なぜ走り回ってはいけないのか、その理由も添えて伝えてきた。

『きよいちを踏んではいけない』

決してこうは言ってこなかった。

『踏まなかったら寝ている周りを走り回ってもいい』

そう捉えられたくなかったから。

そして何より、つむぎ自身にもう少し考える力を身につけてもらいたかったから。

きよいちの周りを走り回る事から考えられる『危険の可能性』を考えて欲しかった。

言われたことだけを気をつけるのではなく、自分自身で考える。

今回はこれをしなかったことに声をあげた。

スポンサーリンク

 

つむぎはもう、「言っても分からない 」といった時期は過ぎている。

言われたことは理解出来ている。

ただ、言われたことをその場だけ理解して行動を改めても、数日経てばまた同じことを言われることが多い。

 

『まだまだ子どもだから』

 

そう言ってしまえばそれまでだが、親としてはやはり関わり方を考え直さなければと思わされる。

言われたことは理解出来ている。

その場では考えることも出来ている。

だがそれは、ツマやワタシに言われたから考えたものであって、自分自身で生み出した考えではない。

だからすぐに忘れて同じことを繰り返す。

これには考える力の『根』の部分を、もっとしっかりさせなければ。

『言われたからそうする』

ではなく

『なぜそう言われたのか』

ここまで考えられるようになれば、つむぎの見える景色も変わってくるはず。

 

当然これに一番必要なことは、ワタシたち親の関わり方。

親として、また成長できるチャンスが来たようだ。

今まで通りだと何も変わらない。

つむぎに急な変化だけを望むのも無責任。

変わるのはワタシ自身。

ワタシの関わり方が変われば

きっとつむぎの考える力も変わる。

きっと変わる。

さあ、親子で大きく1歩前進だ。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

 

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています

▶︎  パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

■noteでもパパ目線で綴っています。是非ご覧ください。

▶︎  コトバの溜まり場。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。