スポンサーリンク
子育て

パパの魔法の指。

「何気なく」って言葉でしか説明のしようながいくらいに、

「何気なく」

つむぎを助手席に乗せて車を運転していた赤信号の待ち時間、

ワタシは両手の人差し指で赤信号を指差し、

「なれなれなれなれ〜」

そう言いながら、早く青信号にならないかな〜と、呪文の様に唱えた。

歩行者信号が点滅していたから、そろそろ変わるだろうと思って、「何気なく」。

その何気ない不自然な動きが、つむぎには不思議だったんだろう。

「なれなれなれなれ〜」とブツブツ呟くワタシをじっと見ては、

徐々にその指先にある赤信号へと視線が移る。

パッと青に変わった信号。

ワタシの呪文が信号の色を変えたと思い込んだのか、

「何気なく」では済まないくらいに、興奮しだすつむぎ。

その興奮が面白くなってしまい、赤信号で止まっては、

「パパが信号を青に変えるけん、パパの指を見てごらん。」と、

人差し指を信号に向けて、

「なれなれなれなれ〜」と呟いた。

信号が青に変わるたびに、

「おーーっ!!」と目を輝かせて喜ぶ姿が愛おしい。

「つむもやってみる!」

そう言って、つむぎも両手の人差し指を立てた。

「まだよ〜」と言いながら、青信号に変わる寸前のタイミングを見計らって、

「つむ、なれなれ〜してごらん!」のGOサインを出す。

時差式信号だったのか、なかなか色を変えてくれない赤信号。

「声が小さいっちゃない?もっと大きい声で言ってみりい。」

もう一度つむぎの背中を後押す。

信号が青に変わった。

「おーーーっ!!」

自分の指先から出たパワーが信号を変えたと信じて止まないつむぎは大興奮。

その純粋さにワタシは、実は指先のパワーではないと、

訂正する事が出来なかった。

今も毎回赤信号では、

「なれなれなれなれ〜」とつむぎは呟いている。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。